2019年ジェットスターのセールは大きく3種類、18年の全45回を分析し違いや“いつ”開催かを推測

国内外19都市31路線を運航し、日本のLCCの中でも第1位の規模を誇るジェットスタージャパン。2019年度中には第2位のピーチ・アビエーションと第3位のバニラ・エアが統合するのでジェットスターは2位になる見込みですが、これまで単独で1位を維持してきた理由の一つとして、頻繁に行われるセールがあると思います。

セールはアイデアが練られたバラエティ豊かなラインナップで、1000円以下とかなり安価で破格のものもあり、ジェットスターに注目を集め、集客宣伝効果の高いツールになっています。

2018年に開催されたセールは5種類

2018年には全部で45回ものセールが行われ、その種類・内容を大きく分けると5種類になります。全てのセールをチェックして整理してみると、その傾向がわかり、2019年のセール対策にも使えるので、以下ではその内容の違いや2019年の開催予想、さらにチケットの取り方までを紹介していきたいと思います。

※本稿の価格は基本片道価格になります。

スーパースターセール

セールの告知にはかなりの確率でジェットスターのキャラクター・ジェッ太が登場

全30回行われた(一ヶ月平均2.5回)、レギュラーと言っても良い最もスタンダードなセールです。
国内線対象は23回、国際線対象は7回で、国内線が安くなるパターンが多いセールです。
多くは最低価格片道3000円台~4000円台というセール価格で、しかも最安値の対象は成田(東京)-関空(大阪)、関空-福岡という短距離路線。少し距離が長くなると4000円台がほとんどという価格帯になります。
ジェットスターの航空券は元々が低価格で、通常期でも成田-関西なら4390円とかで買えるので、セールとしては少しパンチが弱いと感じるかも知れません。

しかし、時折、国内線1990円~・国際線2990円~でしかも全路線同一価格とか、国内線の一部が990円~というような超割安価格のスーパースターセールを行います。

いつもセールをチェックしていると「また、スーパーセールか…」と油断しがちなのですが、開催の通知(会員になってメルマガに登録しておくとメールがくる)を見て、最低価格と全路線共通セール価格なのかどうかを確認しておきましょう。

あともう一つ、要確認なのが搭乗対象期間です。安くても自分の行きたい、行ける時のチケットが売りに出されていなければ意味がありません。搭乗期間はセールによって1ヶ月間だったり、もっと長かったり、逆に1週間だけとかなりまちまちで法則が読めないので、気をつけてください。

○○価格に挑戦セール

おでん価格に挑戦セール

○の中には食べ物の名前が入ります。2018年に開催されたのは5回。
その内容は、モーニング価格に挑戦セール388円~(名古屋発着全路線対象)、手羽先価格に挑戦セール465円~(名古屋発着全路線対象)、ちゃんぽん価格に挑戦セール987円~(成田-長崎987円~/長崎-東京4490円~)、おでん価格に挑戦セール508円~(国内全19路線対象)、冷やし中華価格に挑戦セール672円~(国内全22路線対象)。

この「○○価格に挑戦」シリーズは破壊力の高いセールです。対象路線が限られるパターンもありますが、全路線が508円とか最高です。よりどりみどりでどこに旅行に行くか迷ってしまいます。ただ、全路線対象は座席数がかなり限られます、おでん価格に挑戦の時は各路線50席から160席限定と非常にチケット数が少なく、セールで低価格だけど入手困難なプラチナチケットという状態でした。

このセールは2018年には5回しか開催されてなく、法則性も見えないので、開催のお知らせを見逃さないことが大事です

ただ、2019年に入ってからは4月頭まで1度も開催がなく(2018年は4月時点で2回開催されていた)、もしかしたら○○に入れる食べ物がネタ切れになってしまったために、別企画に変わってしまうかもしれません。

7月3日の就航記念セール

タダ同然の6円セール

ジェットスター最大のセールは同社の飛行機が初めて飛んだ就航記念日の7月3日に開催されます。2017年の5周年の時は5にかけて「五目チャーハン価格に挑戦セール」となり国内線全16路線(当時)が480円~という価格でした。

2018年はシンプルに「就航6周年記念」と銘打ち、価格は驚愕の6円セールとなりました。

ジェットスターのセールは開催の前日や前々日など、直前に開催を発表することが多いのですが、2018年は1週間ほど前の6月26日に発表する力の入れようでした。

2019年も就航記念セールは間違いなく開催されるでしょう。6月末から発表を心待ちにしてください。

セール前にはスムーズにチケットを取るために、ジェットスターの会員登録も忘れずに!(有料会員のClub Jetstarじゃなくて大丈夫です)

新規路線就航セール

新しくどこどこの地に路線を開通させる時もセールが行われます。
高知就航記念では520(かつお)円セール、宮古島(下地島)就航記念では385(みやこ)円セールという、これも大幅値下げのセールが行われました。

旅関連のサイトなどを見ているとなになに航空がどこどこに就航します、というニュースが時々みられるので、その際はどの航空会社でもセールがあると思ったほうが良いです。

セールの開催時期については、高知の場合が就航3ヶ月前、宮古島の場合が就航4ヶ月前とかなり前の開催となっています。

数ヶ月先の予定を決めるのは難しいかも知れませんが、数百円のチケット(手数料などを含めても片道2000円以下に収まります)です。行けなくてもいいからだめもとで取りに行くのもありだと思います。

なお、セール価格で購入したチケットは基本、キャンセルしてお金を払い戻してもらうことができません。ご注意ください。

ツアーセール

航空券+ホテルというセットで買うと割引になって、那覇・札幌などが13500円~になったりするお得なセールです。2018年は5月までに4回開催されましたが、その後行われていません。セールとしては終了したと見られます。

イレギュラーセール

上記のパターンに当てはまらないセールです。
2018年9月21日に開催された「関西★札幌★応援セール」が当てはまります。
その時は成田-札幌・大阪、大阪-札幌・福岡・高知・熊本、名古屋-札幌の計8路線が888円~、そのほかは東京-熊本1990円~、あとは3000円・4000円台というセールでした。

まとめ

2018年の基本は「スーパースターセール」「○○価格に挑戦セール」「就航○周年記念セール」「○○就航記念セール」「ツアーセール」の5つ。
2019年は3月いっぱいまでの傾向を見ると、「スーパースターセール」「就航7周年記念セール」「○○就航記念セール」の3つが核になっています。

どのセールがいつ開催というのは確実なのは「就航7周年記念セール」だけで、あとはジェットスターの無料会員になってセールのお知らせメールを受け取って知る、というのが確実な方法です。

あと、最近ジェットスターは年会費3900円の有料会員Club Jetstar(クラブジェットスター会員)を優遇する方針であるように思えます。

会員になっておけば、セール非開催時でも通常価格より数百円安い特別割引価格で買うことができ、セールの先行予約と購入が可能です。そのほかにも手荷物&座席指定20%OFF、パートナー特典といった特典が受けられます。ただ、会員価格が設定されていない日もあり、ジェットスターを頻繁に利用しないのであれば、普通の無料会員でセールを狙うほうが良いと思います。

格安航空券・最安値比較サイト

飛行機のチケット価格を比較する場合は、国内・海外の世界1200社以上の航空会社・LCC・旅行代理店から安いチケットを検索できる「スカイスキャナー」か国内海外格安航空券に強い「スカイチケット」がおすすめです。