エコノミークラスの新しいベッド形態「カウチシート」「スリーパーシート」が相次いで登場

飛行機の座席は一般的にファーストクラス、ビジネスクラス、エコノミークラスの順にクラス分けされています。

ファーストクラスは豪華にパーティションがあり、個室空間でフルフラットのシートでゆったり寝ることができます。

また、ビジネスクラスでも区切りが大きく個室感が高く、飛行機の種類、航空会社、路線によってはフルフラットも登場しています。

一方、庶民が乗るエコノミークラスは、狭い座席、足を全く伸ばせないほど狭い前の座席とのシートピッチ(間隔)、わずかな角度のリクライニングと、価格差によって大きな格差をもうけられています。

しかし、そんなエコノミークラスでも足を伸ばして寝ることができる新シートが相次いで登場しています。

ANAの超大型旅客機エアバスA380に導入される「ANA COUCHii(ANAカウチ)」

レッグレストを上げてベッドにするカウチシート

全日空(ANA)は、日本の航空会社で初となるカウチシート「ANA COUCHii」を2019年5月24日から成田~ホノルル線で導入します。

2019年5月就航のA380型機/FLYING HONU(フライングホヌ)

カウチシートとは、3席、または4席並んだエコノミーシートのアームレスト(ひじかけ)は全て上に上げ、さらに足元のレッグレスト(足置き)を上げることで前方の席との隙間を埋め、ベッドになるスペースを生み出します。

そこに専用の寝具を敷き、専用シートベルトを締めて飛行機に寝ながら乗ることができます。

後ろから見たイメージ

追加料金は4名4席利用時はプラス1万2000円、3名利用時は3席9000円/4席22000円、2名利用時は3席19000円/4席52000円~、1名利用時は3席59000円~/4席92000円~となっています。

家族連れでは子供を横にして寝かせることができたり、カップルでは女性をベッドで寝かせてあげたり、少し狭いけど二人で密着して寝たり、一人の場合は贅沢に3or4席を独占して寝ることができます。

子供のいる家族での使用イメージ
カップルでの使用イメージはちょっと不自然な感じ笑
一人利用はかなり贅沢。ビジネス行けと周りから突っ込まれそう

利用可能な路線はエアバスA380型機材が運航する成田=ホノルル線のみ。この路線ではエコノミークラスよりビジネスクラスは約10万円、ファーストクラスは60万円以上高い価格設定なので、カウチの料金のほうが安く抑えられます。※ハイシーズン料金は最大でプラス料金25万2000円なので、ビジネスクラスにしたほうが安い可能性もあります。

配置は、エコノミークラス1階の最後部座席になります。

ニュージーランド航空はボーイングの中型機B777・787で「SkyCouch(スカイカウチ)」

イメージ

ニュージーランドを代表するフラッグキャリア、ニュージーランド航空は、日本(成田、羽田、関西)からニュージーランドまで唯一の直行便を運行する航空会社です。

同社のエコノミー利用ベッドは「スカイカウチ」という名称ですでにサービスが開始されています。

こちらは3席限定の仕様で、セッティングはANAのエアバスA380と同じでアームレストとレッグレストの両方を上げて、ベッドにします。

プロモーションビデオでは国鳥キウィのキャラクター「ピート」が寝ていました

ANAカウチと異なる点は、窓側のアームレストも垂直に上げられる点。これにより、
窓側を椅子の背もたれとして使い、くつろぎ方に幅が出ます。

読書をしたり、ただただ寝たり。見せ方が上手いのか、ANAカウチよりも広く見えます

ベッドサイズは155×74cm。縦は大人だと足を曲げないと横にはなれないサイズですが、少し横幅に余裕があるので、結構余裕で寝れそうです。

配置はANAカウチと異なりエコノミー客室内の前方となります。

気になるベッドにして寝る時のシートベルトですが、前方座席と自分の座席を結ぶ形で、通常のシートベルトとは90度違う形で締めるんですね。親子二人で寝る時なんかは、長いシートベルト1本で二人を締めるというやり方です。イメージカット見てると、全然体固定されていないような… エアポケットとかで怪我とか出そうで怖いです。

二人を1本のシートベルトというのは大丈夫なのか

なお、子ども用には幼児専用ハーネス、ベルト、ポッド(ベビーベッド)が用意されています。

赤ちゃんも安心してぐっすり

スカイカウチへのアップグレード料金は6月平日の便で7万9500円でした。プレミアムエコノミーで7万8000円、ビジネスで18万8500円の差額なので、プレミアムエコノミーと同額で3席使ってのラウンジのような席、ビジネスよりも約11万円安く疑似フルフラットシートが利用できると考えると安いと感じます。

アップグレードイメージ

英トーマス・クック航空の「Sleeper Seat(スリーパーシート)」

Sleeper Seat

ここまで日本便の紹介でしたが、海外のスカイカウチもあります。

イギリスのLCC航空会社Thomas Cook Airlines(トーマス・クック航空)は2013年時点でイギリス6位という日本ではあまり馴染みのない航空会社です。しかし、その年の乗客数は600万人で、これは日本のLCCで1位のジェットスター・ジャパンの2018年6月期決算(2017年7月1日~2018年6月30日)で発表された有償旅客536万人よりも多い規模となっています。

トーマス・クック航空でスリーパーシートが採用されるのは、ニューヨーク線やサンフランシスコ線などの長距離路線。やっぱり、長時間のフライトじゃないと、横になって寝れるというメリットは最大限に発揮されませんね。

スリーパーシートのセッティング方法については、公式ページの説明では詳細がちょっと不明です。ANAやニュージーランド航空のカウチのように、フットレストが上がって前の座席との空間を埋めるパターンではなく、何か板のようなものを3席並びの上に載せてベッドにしているように見えます。

元がLCCのシートなのでフットレストは多分ないです

スリーパーシートには、シーツ、ヘッドレスト、枕、毛布、アメニティキットなどが付くということで、ベッドのような柔らかさは得られるようですが、ちょっと大丈夫かな?という心配が先立ちます。

なお、サービス開始は2019年5月13日から。料金は追加で200ポンド(約2万9200円)です。

まとめ

飛行機はファーストクラスとビジネスクラスで収益を上げている、と言われるほどエコノミークラスの収益率は低くなっています。しかし、お客さんにプラス料金を払って使ってもらうカウチシートは、エコノミークラスの新たな収入の形として注目されています。

長時間のフライトで、心底腰やおしりが痛くなった経験がある人も多いと思います。ビジネスやファーストクラスほどの高額料金を払わないでも、フルフラットシートで寝たり、くつろいだりできるカウチシートは、かなり利用価値の高いシートになっていると思います。

記事を読んで旅に出たいと思った方は航空券の比較サイトをどうぞ


国内海外格安航空券・飛行機・LCCの予約・比較なら「スカイチケット(スカイチケット)」
国内・海外の世界1200社以上の航空会社・LCC・旅行代理店から一括比較できる「スカイスキャナー