世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」。12の遺産を巡る旅をプランニング 【データ編 ルート・費用(フェリー代やレンタカー代など)まとめ】

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」について、12の遺産をどうやって巡るのかを、基本情報や熊本入りも含め、9ページに渡って紹介してきました。
最後のページでは、世界遺産見学だけに絞り、ルートや交通手段、かかる費用について紹介していきたいと思います。

【目次】

※レンタカーの場合、車種はヴィッツやフィットのような小型乗用車を想定。
※ガソリン代は燃費15km/L、レギュラーガソリン147円/Lとして計算
※2名以上ではないと参加できないツアーがあるので、2名での旅を想定。
※1日目の熊本入は交通手段や過ごし方でかなり差が出るのでここには含めていません。

2日目 天草の﨑津(さきつ)集落、原城跡、大浦天主堂

ルートマップ

熊本を出発し3つの遺産を巡り長崎で宿泊するパターン。

【ルート】
熊本市街→車114km・約2時間30分(松島有料道路経由)→「天草の﨑津集落」→車&フェリー61km・約2時間→「原城跡」→車73km・約1時間40分→「大浦天主堂」→車2.5km・約10分→長崎市街

+集落内での徒歩での散策

【費用】
レンタカー(乗り捨て代含む):約1万2000円
ガソリン代:2332円
松島有料道路:200円
フェリー代:大人360円+車2030円
「大浦天主堂」拝観料:1000円

+長崎での宿泊費・各所での食事代など

250.5km移動、費用は1万7922円。

3日目 久賀島(ひさかじま)の集落、奈留島(なるしま)の集落

移動ルート

長崎を出発し船で五島列島へ渡り、福江島ではレンタカーで簡単な観光(福江島1周)。その後、ツアーに参加して久賀島、奈留島を巡り、最後は中通島で解散という一日です。

【ルート】
長崎港→高速船ジェットフォイル99km・約2時間25分→福江港→車77km・約2時間10分(島1周)→福江港→ツアー参加(海上タクシーや島タクシーなど使用して福江島→「久賀島」「奈留島」「キリシタン洞窟」(若松島)中通島へと移動)80km(かなりおおざっぱ)・約4時間→五島うどんの里(中通島)
【費用】
高速船ジェットフォイル:5730円(季節によって変動あり)
レンタカー:約3500円
ガソリン代:754円
ツアー代:9800円

+中通島での宿泊費・各所での食事代など

256km移動、費用は1万9784円。

4日目 頭ヶ島(かしらがしま)

五島列島北部マップ

今日のルートは、宿泊場所の中通島・有川集落を出発し、「頭ヶ島の集落」を見学後、有川集落に戻って食事をして次の島へと移動すると仮定してのルートになります。

【ルート】
有川集落(中通島)→バスorタクシー11km・約20分→「頭ヶ島の集落」→バスorタクシー11km・約20分→有川集落(中通島)→高速船ぽーと3約27km・45分→小値賀島

+集落内での徒歩での散策

【費用】
交通費(バスの場合):1280円
高速船ぽーと3:2050円

+小値賀島での宿泊費・各所での食事代など

49km移動、費用は3330円。

5日目 野崎島

野崎島マップ

野崎島は無人島です。ここへ渡るには、小値賀島から町営船はまゆうで渡るしか手段はありません。
また、島に渡ってからは、野崎集落・野首集落以外のスポットへは基本的にガイドを伴うツアーでの移動が推奨されています。なぜなら、山道にはイノシシが出て、大怪我や遭難の恐れがあるからです。
ここでは、野崎島には個人で渡り、島でガイドツアーの「舟森集落跡を巡る舟森トレッキング」に参加し、その後、「野崎島自然学塾村」で休憩、個人で野首集落・野崎集落を見学するコースでルート・費用を計上しようと思います。

【ルート】
小値賀島港→町営船はまゆう12km・約35分→野崎島港→約2km・約25分→「野首集落」(野崎島自然学塾村)→徒歩約5km・1時間40分→「舟森集落」→徒歩約5km・1時間40分→「野首集落」(野崎島自然学塾村)→約2km・約25分→「野崎集落」→町営船はまゆう12km・約20分→小値賀島港

+集落内での徒歩での散策

【費用】
町営船はまゆう:往復1000円
ガイドツアー「舟森集落跡を巡る舟森トレッキング」:2名以上で1名4000円

+小値賀島での宿泊費・各所での食事代など

38km移動、費用は5000円。

6日目 黒島

6日目移動ルート

五島列島での世界遺産見学が終わり、今日は本土に戻る日です。
ただ、長崎・佐世保に着いたらすぐに本土から近い島の世界遺産に行きます。
佐世保から黒島へ行くというルートになります。
黒島に行ったら、帰りは佐世保に戻って佐世保泊です。

【ルート】
小値賀島港→高速船シークイーン号69km・約1時間45分→佐世保港→徒歩650m・約8分→佐世保駅→松浦鉄道西九州線約14km・約30分→相浦駅→徒歩約450m・約6分→相浦港→フェリーくろしま約17km・約50分→黒島港→徒歩1.6km・約25分→「黒島天主堂」(カトリック黒島教会)→徒歩1.6km・約25分→「蕨展望所」→徒歩1.4km・約20分→「興禅寺」→徒歩900m・約11分→黒島港→フェリーくろしま約17km・約50分→相浦港→徒歩約450m・約6分→相浦駅→松浦鉄道西九州線約14km・約30分→佐世保駅
【費用】
高速船シークイーン号:4860円(時期によって異なる)
松浦鉄道西九州線:往復880円
フェリーくろしま:往復1370円

+佐世保での宿泊費・各所での食事代など

約138km移動、費用は7110円。

7日目 平戸の聖地と集落

佐世保から平戸の聖地と集落へのマップ

春日集落周辺拡大マップ。長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産ガイドマップより引用

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」も残す所を4つ。
7日目は佐世保でレンタカーを借りて、平戸の聖地と集落に登録されている[中江ノ島][春日集落と安満岳]を巡ります。
その2つを見たら、帰りは平戸に立ち寄って観光し、また佐世保に戻ってきます。

【ルート】
佐世保→車48km・約1時間→「中江ノ島」ビュースポット→車4km・約10分→「春日集落」→車15km・約55分→安満岳登山口駐車場→徒歩600m・約30分→「安満岳」山頂→徒歩600m・約30分→安満岳登山口駐車場→車14km・約50分→平戸→車36km・約50分→佐世保
【費用】
レンタカー代:1泊2日7340円~(佐世保で8時に借りて翌日の長崎18時乗り捨て)
ガソリン代:1146円

+佐世保での宿泊費・各所での食事代など

約118km移動、費用は8486円。

8日目 平戸の聖地と集落

最終日のルートマップ

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を巡る旅も最終日です。
8日目は前日借りたレンタカーで佐世保を出発して、絶景と名高い展海峰に立ち寄り。
それから世界遺産の外海の大野集落・出津集落を訪れます。
観光を終えたら長崎へと向かい、長崎で宿泊、もしくはそのまま長崎空港から帰路に着くというルートになります。

【ルート】
佐世保→車10.5km・約20分→展海峰→車59km・約1時間20分(西九州自動車道・西海パールライン経由)→「大野集落」→車4.5km・約10分→「出津集落」→車28km・約45分→長崎
空港まで行く場合
長崎→車40km・約40分(長崎自動車道経由)→長崎空港
【費用】
レンタカー代:前日に計上(1泊2日でレンタル)
ガソリン代:1000円
西九州自動車道:150円
西海パールライン:200円
「旧出津救助院」:入館料/大人300円
「ド・ロ神父記念館」:入館料/一般300円
「外海歴史民俗資料館」:入館料/一般300円

+(長崎での宿泊費)・各所での食事代など

約102km移動(長崎宿泊の場合)、費用は2250円。

世界遺産の旅合計移動距離・費用まとめ

移動距離は合計で約950km

【費用】
2日目 1万7922円
3日目 1万9784円
4日目 3330円
5日目 5000円
6日目 7110円
7日目 8486円
8日目 2250円
合計 6万3882円

費用に関しては、これに熊本までの交通費と宿泊費と食事代が加算されます。
東京から飛行機に乗るとして往復で約3万円。
宿泊は安めの宿で1泊5000円として8泊なので4万円。
食費は1日2000円として約1万5000円。

費用は総計で約15万円となります。

熊本までの飛行機をLCCにすれば1万円安く。
宿をゲストハウスなどにして1泊3000円にすれば1万6000円安く。
などなど、コストカットできる部分はありますが、10万円を超えることは確実な旅となっています。

旅行会社のツアープランを見てみると、クラブツーリズムでは五島列島縦断で10万円~、長崎天草の教会巡りで6万円~のプランがあり、12の資産全部をめぐるツアーというのは見当たりませんでした。
また、ユーラシア旅行者では羽田発7泊の「長崎と天草地方の新世界遺産候補を制覇する旅 7日間」を催行。旅行代金は258,000円となっています。
7日分の手配手続きをやってもらって10万円プラスをありと考えるか、なしと考えるかはそれぞれだと思います。

とにかく、全部見ようとするなら1週間は確実にかかる「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」。行くならば、十分に準備してから、存分に楽しんで下さい。