玄海原発の事が色々わかる・聞ける「玄海エネルギーパーク」はガイドさんを頼むべし

2011年3月11日の東日本大震災による福島第一原子力発電所のメルトダウン(炉心融解)により、福島を始めとして関東にも放射能がばらまかれ、原子力発電所のイメージは地に落ちました。

私も、人間の手に余るエネルギーを使い続ける必要はない、という考え方になったのですが、実際に原発がどのような施設・システムなのかははっきりとは分かっていませんでした。

そこで、佐賀を旅した時に、玄海原発の資料館的な施設「玄海エネルギーパーク」に行こうと思い当たったのです。

「玄海エネルギーパーク」はガイドさんの説明でより深くわかる

「玄海エネルギーパーク」は、九州電力が運営する「玄海原子力発電所」(玄海原発)のシステムや仕組みなどについて学べる施設です。

直線や円を組み合わせた面白いデザインの建物

高さ13mの実物大の原子炉模型があったり、緊急時に原発の運転を停める制御棒の模型があったり、プルトニウムとウランの役割の解説などがあったりして、東日本大震災後にテレビで散々やっていた原発の仕組みについて、ガイドさんの説明を聞きながら学べます。

実物大原子炉

正直、自分の目だけで見て回るよりも、ガイドさんの説明を受け、自分の頭のなかで消化して、わからないところは聞く、というスタイルで館内を回ったほうが、一人で観覧するよりも数倍理解できると思いました。

燃やしたウランからプルトニウムや再利用可能なウランを回収して、原子燃料サイクルとして再利用する(通称プルサーマル)

私が訪れた時は、館内に入るとすぐスタッフさんが寄ってきて、ガイドが必要かどうか聞いてくれました。ガイドの予約などは必要ないようです。

所要時間は約40分です。

実物?レプリカ?の燃料棒に触れられる

核反応を制御できる制御棒の仕組み

ガイドさんが付く見学コースでは、全ての展示で説明が有るわけではなく、途中途中の展示は飛ばすことになります。

なので、時間に余裕があるならば、ガイドさんの説明を聞き終わった後、また最初から自分の足で見て回って、学んだことを反芻しながら展示を見ると、よりよく原発のことが理解できると思います。

ガイドコースの最後は、展望スペースから玄海原発を眺めながらの解説

ガイドコース以外の展示

原子力シアター

原子炉の働きや原子力発電のしくみをCGで紹介してくれる。

原子力ゲーム

原子力に関するクイズに答えながら遊ぶゲーム形式。

大きなガラス張りの観賞用温室

玄海エネルギーパークと玄海原発の間にある、玄海原子力発電所の廃熱を利用しているという小さな植物園。

ガラス張りの立派な植物園

ただ、自分が訪れた2017年5月は原発は稼働していないので、何の熱で運営しているかは不明。

あったかくて熱帯のジャングルって感じ

館内には、蘭をはじめ世界各地の植物が約200種類・1万6000本揃っています。

赤と黒の組み合わせから世界的なキャラクターを思わせる「ミッキーマウスプラント」

アスレチックなど“遊び”がメインになった施設「あすぴあ」

あすぴあは原発のエネルギーと遊び、学ぶをテーマにした施設。

そう言うと固そうですが、バーベキュー広場やそりゲレンデ、ピクニック広場、野外コンサート広場からなる単なる子供と大人の遊び場です。

1階には展示エリアがあり、エネルギーについて学んだり、燃料電池・太陽電池搭載の電動カートに乗れたりします。

あすぴあ

まとめ

見学してみての感想は、「原発の安全管理がほんとうに完璧ならエネルギーとしてあってもいいのでは」と思いました。

ただ、理念やシステムは立派でも所詮人間です。絶対にどこかでゆるみは出るし、ヒューマンエラーは防げない。

何らかの不安を抱えながらなら絶対に稼働させるべきではないし、人の介在を極力減らして機械化できるなら、原発はあっても良いのではと思いました。

感想は人それぞれだと思います、ぜひ行ってみて、自分なりの原発感を見つけてみて下さい。

■施設情報

・名称:玄海エネルギーパーク

・料金:入館、ガイド無料

・住所:佐賀県東松浦郡玄海町今村字浅湖4112-1

・アクセス:JR唐津駅から車で30分、昭和バス玄海原子力発電所行・バス停玄海エネルギーパークからすぐ

営業時間:9:00~17:00

・定休日:第3月曜(祝日の場合はその翌日)、年末年始(12月29日~1月2日)

・電話番号:0955-52-6409

・駐車場:無料普通車50台