カニ・イクラ食べ放題の夕食朝食バイキングと温泉が魅力の函館「ホテル万惣」。1万円台からでコスパも最高【宿泊レビュー】

函館は北海道の美味しい海の幸が集まる場所。カニやイカ、イクラ、エビ、ウニ、ホタテ、マグロ、サーモンなどなど、食べたいものをあげればきりがありません。

そんな海産物をまとめて食べられるのがバイキング(ビュッフェ)形式のレストラン。函館のホテルでは「ラビスタ函館ベイ」「函館国際ホテル」などで朝食バイキングが楽しめます。また、ランチバイキングでは「ホテル法華クラブ函館」などが人気を集めています。

そんなバイキングの激戦区で目をつけたのが「湯の川温泉 ホテル万惣(ばんそう)」です。こちらは、夕食で90種類近い料理、朝食でも50種類ほどの料理が並び、かなり満足の内容。

さらに温泉は複数の浴槽・サウナを完備し、客室も2016年にリニューアルしたばかりでかなり綺麗。それでいて宿泊料金は1泊2食付きで1名1万5000円を切るプランもあります。このコスパの良さは函館のみならず日本屈指ではないでしょうか。

カニをメインに100種類近い料理が食べられる夕食ビュッフェ

夕食バイキングは開始の18時ちょうどに会場に行ったら、会場入りを待つ行列ができていました。幸い入場はスムーズですぐに席に付くことができ、早速料理を取りに行きます。

第1ターン

最初のターン、まずはお目当てのカニをゲットし、お腹に余裕があるうちに揚げ物、そして刺し身、北海道ならではの羊肉、そして一品料理から姫竹と白身魚、雲丹飯を取ってきました。

初回から結構な量に

カニは「カニ食べ比べ」として本ズワイガニと紅ズワイガニ。どっちも美味しいですが、やっぱり爪が美味しいですね、2ターン目からは普通の足は無視して爪ばかり食べました。

ズワイ蟹

あと一品料理の姫竹と白身魚、雲丹飯がかなり美味しい。特に雲丹飯はうにの風味がご飯にうつって海の香りでもりもり食べられます。

雲丹飯

第2ターン

第2ターンは気になった小ポーションのものをかき集めてみました。鉄板焼きから巻き貝と海老とアスパラ、寿司からはたけのこや真鱈花巻、小鉢からは布目社長のいか塩辛、創作料理からは卵くり抜いたジュレみたいなの、点心からはえびシューマイ、揚げたての天ぷらからは海老などを。

綺麗に盛り付け

色んなジャンルの料理がズラッとお皿に並ぶのはほんとバイキングの醍醐味ですね、食べててテンション上がります。もちろんお味はどれも美味しかったです。

第3ターン

3ターン目はごはんものをサクッと。カレーはビーフたっぷり函館老舗五島軒のイギリスカレーと料理長・北田好洋のオリジナルスープカレー(トッピングはナス、チーズ、温玉、パプリカ、ブロッコリーから選べる)があったので、カニ同様食べ比べしてみました。

カレー食べ比べ

個人的にはオリジナルスープカレーのほうが、スパイス感があって美味しかった~

第4ターン

そろそろお腹いっぱい間近。料理をとるのはやめて、デザートに走ります。

デザートは、アイスやケーキ、和甘味が揃います。

選んだのは、見た目がきれいなパステルマーブルアイス、まさかの雪見だいふく、レアチーズ好きなので函館牛乳を使ったマスカルポーネのレアチーズの3種類。

お腹いっぱいなので3種類だけに

もともとレアチーズ好きなのでマスカルポーネのレアチーズがお気に入りです。

夕食バイキング攻略法

ホテルの案内には「スタート時間は混み合うので時間をずらして来場するとスムーズに席に座れる」とあります。料理は随時補充をするので遅く行っても料理が切れることがないと。

しかし、お寿司のうに玉という1品に関しては注文が殺到したのか開場から30分で早くも品切れになっていました。(30分でなくなるということはもともとのストックも少ないはず)

なので、基本は夕食ビュッフェ開始時間に行くのがベストです。目玉のカニとかを切らすことはないでしょうが、全品が常時揃っているというわけではなさそうです。

看板メニューにしているのに品切れはいただけない

座る場所はなるべく料理が並ぶ近くが良いです。ただし近すぎると人の出入りでちょっと落ち着かないかも。最寄りからほんの少し離れた場所に陣取るのが、料理をすぐに取りに行けて、ゆっくり食事できるベストシートだと思います。

揚げ物は控えめに。これは個人的忘備録でもあるのですが、揚げ物はほんの少しが良いです。どうしてもお腹にたまります。あとスープとかご飯類もたまります。カニだけに絞る、とか全種類制覇とか、目標を掲げたほうがビュッフェは楽しめる気がします。

夕食ビュッフェ」のほぼ全料理紹介

夕食ビュッフェは品数を細かく数えると100種類近く、おおまかなカテゴリーに分けると13種類という感じです。

※2018年5月宿泊時の内容です。また、日や季節によって内容は異なります。

カニ

蟹食べ比べ(紅ズワイ蟹と本ズワイ蟹)

お寿司

目の前で職人さんが握るお寿司はエビ、タコ、炙りサーモン、本マグロ、鯖松前、真鱈花巻、鯵きぬた巻など20種類ほど

刺し身

エビ、マグロ、サーモンなど

鉄板焼き

鉄板焼きは海鮮(ホタテ、エビ、巻き貝など)と牛肉ステーキ、季節の野菜(じゃがいも、アスパラ、とうもろこしなど)

目の前で調理

海老とホタテ

基本できたてで熱々

牛肉がジュージュー言ってます。できるなら、全部食べてやりたい

揚げ物

エビフライ、イカリング、イカゲソ揚げ、唐揚げなど6種類ありました

一品料理

工夫を凝らした一品料理は派手ではないですが、自分好みを見つけたらかなりはまります。

白身魚と姫竹

羊肉のジンギスカン風

回鍋肉、エビマヨ

小鉢

小鉢はご飯のお供やお酒のつまみに最高なものが揃っていました。

生ハムチーズ巻き、布目・社長のいか塩辛、烏賊の三升漬け、マリネスモークサーモン、ホタテの塩辛、松前白醤油漬け

点心

えびシューマイ、肉まん、カニシュウマイ

お味噌汁

蟹の鉄砲汁とホタテ稚貝の味噌汁の2種類でした

サラダ

キャベツミックス、大沼産水耕葉野菜のミックスサラダ、ミニトマト、枝豆、ツナ

ご飯物

カレーとビーフシチュー、パスタがありました。

ビーフたっぷり函館老舗五島軒のイギリスカレー

料理長・北田好洋氏によるオリジナルスープカレー

スープカレーのトッピングは自分で自由に選べる(ナス、チーズ、温玉、パプリカ、ブロッコリー)

イカスミパスタ、和風パスタ

デザート・甘味

楽しいビュッフェの最後は甘いデザートと甘味で締めくくり。ケーキ、アイス、和甘味、フルーツが揃います。※最新のメニューでは「花畑牧場」のスイーツやラクレットチーズもあるそうです。

ケーキはブランマンジェや函館牛乳を使ったマスカルポーネのレアチーズ、とちおとめ苺レアストロベリーケーキ、りんごのシブースト、ミルクレープ、クリームチーズレアチーズケーキなど約10種類でした

アイスは雪見だいふく、バニラ、ストロベリー、チョコレート、パステルマーブル、北海道メロンなど6種類

甘味は白玉ぜんざい、わらび餅。フルーツはオレンジ、ぶどう、りんご

ドリンク

ソフトドリンクはフリードリンクとしてビュッフェに含まれます。アルコールは別会計でビール、焼酎、酎ハイ、日本酒、ワインが頼めます。

ご当地ドリンクの北海道ガラナ

烏龍茶、林檎ジュース、トマトジュース、オレンジジュース、野菜ジュースなどが揃うドリンクコーナー

コーヒーマシンのコーヒー(ブレンド・アメリカン)

お隣さんは別注のビールと蟹をオーダーされてました

(注)私が宿泊したのは2018年5月で、その後、食事会場は新しく擬洋風エッセンス“蔵”と活気・賑わいを象徴する“函館朝市・祭り”の要素を取り入れた天井の高い解放感あるレストラン「函館ダイニング 蔵祭」に移動になりました。

新会場は席数が増え、小宴会できる個室や快適なベンチシートが新しく導入されています。

ただ、料理の内容については、大きな変更はなく、夕食の蟹コーナーや朝食のイクラ勝手丼などが健在です。

予約・価格チェックは以下よりどうぞ。また、次のページでは朝食バイキングを紹介していきます。